家創りの流れ

 

1. 最初の打合せ

家に対する思いやご要望を、たくさんお聞かせください。

 

2. 基本プラン、模型の提示

1.でお聞かせ頂いた内容を基に、たたき台となる

基本プランと模型をご提示いたします。

 

3. 基本プランの修正

2.でご提示いたしました基本プランと模型を基に、再度

ご要望等を確認した上で、基本プランと模型を修正して

再提示いたします。

この作業を納得できるプランがまとまるまで、何度でも

くりかえします。

 

4. 基本プランの決定、設計監理契約

基本プランがまとまった段階で書面による設計監理

契約となり、これより料金が発生いたします。

3.の基本プランの修正途中で中止された場合は、それ

まで何度基本プランを提示していましても料金は発生

いたしません。ご安心ください。

 

5. 実施設計の開始

実際の工事に必要な、詳細まで示した多くの枚数の

図面の作成に入ります。

途中サンプルや写真を使用しながら、細かな打合せを

重ねていきます。

ご希望があれば、過去に竣工した家を訪問して雰囲気を

確認したり、住んでみての感想を聞くなどして参考に

していきます。

 

6. 工事見積り依頼、確認申請手続き

5.で作成した実施設計図面を3社程度の複数の

工務店さんに渡し、工事の見積りを依頼します。

見積りには2週間程度かかるため、その間に建物を

建てるのに必要な建築確認申請の手続きを行い、

確認済証を受理します。

 

7. 工事見積り調整

6.で出てきた複数社の見積り内容を吟味し、わかり

やすくまとめた比較表を作成してお持ちいたします。

ご予算を超えている場合には、今までのご要望を

大切に考えながらさまざまな減額方法、減額案を

提示して、慎重に打合せを重ねながら予算内に

納まるよう進めていきます。

 

8. 工務店さん決定、工事契約

見積書の内容や工事金額、過去の実績や社風、

信頼性や将来性、さまざまな角度から一緒に検討し、

工務店さんを決定します。

工事金額の支払方法、支払条件、工期などを工務店

さんと話し合い、まとまり次第工事契約となります。

 

9. 着工、現場打合せ

とうとう着工です。

着工してからは、できるだけ毎週現場での打合せを

お願いしています。

家創りを楽しんでいただくためと、現場を見て安心

していただくため、それから実際に住む現場に立って

何か感じることがあれば何でも言ってもらい、

さらに良い家にしていくためです。

 

10. 竣工、お引渡し、アフターケア

確認審査機関の完了検査を受け、検査済証を受理。

いよいよ待ちに待った竣工、お引渡し、喜びの瞬間です!

修繕の必要な箇所はないか、一緒に十分にチェック

します。

お引渡し後の生活の中で、自然素材をたくさん使用して

いるため、木の動きなどによって気になる箇所が

出てくるような可能性もあります。

そのような場合も、工務店さんとすぐに駆けつけて

対応いたしますので、ご安心ください。

 

 

 家創りにかかる期間

 

木造住宅の場合、最初の打合せから竣工、お引渡しまで

平均10〜14ヵ月程度いただくことが多いです。